お気軽にお問い合わせください

PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)によるプロジェクト品質の向上

PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)

  • PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)とは

    PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)は、企業におけるITプロジェクトマネジメントを
    統括管理することを専門として設置する機能や組織のことです。
    ITは今や経営戦略、事業戦略に欠かせないものとなっています。
    システムの新規構築や基幹業務システムの再構築など、ますます複雑化するITプロジェクトを推進する
    場合、お客様自身のプロジェクトマネジメント能力が問われ、課題となるケースが増えています。
    それらの解決手段として、組織的なプロジェクトマネジメントを行うPMOの設置が欠かせないものと
    なってきています。


  • PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)における弊社の特徴

    システム開発においては、業務や機能が多岐に渡り、いくつものプロジェクトやタスクが同時並行的
    に動くケースが多いです。そのプロジェクトやタスク間の調整、ユーザー側責任者とベンダー側責任者
    の円滑なコミュニケーションがプロジェクト成功のカギを握ります。
    また、大きなプロジェクトの場合は、マルチベンダーで開発することも多く、複数のベンダーが複雑に
    動くケースがあります。その中で、プロジェクト全体像や進捗状況、課題が正確に把握できず、対応が
    遅れて失敗するプロジェクトが多く見受けられます。

    弊社のPMOでは、ユーザーやベンダーのPMの橋渡しや調整、エスカレーションなどを行いながら、
    コミュニケーションを円滑に行うことや、より実効性のある進捗管理や課題管理を行う事で
    プロジェクトを成功に導きます。

  • PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)の事例

    「プロジェクトのコントロールPMBOKの9つの知識エリア」の内、「コストマネジメント」、
    「品質マネジメント」、「コミュニケーションマネジメント」、「調達マネジメント」における弊社事例を
    記載いたします。


    1.コストマネジメント
      ベンダーとの契約において、実際の契約金額とプロジェクト途中でのかかった費用を比較し、コストオーバ
      ーランが発生しないよう管理を実施いたしました。

    2.品質マネジメント
      プロジェクト期間中、特に要件定義や基本設計(概要設計)局面において数値化しにくい進捗率や品質を適切
      に管理いたしました。

     ①進捗率:  成果物の総ドキュメント数で進捗を管理
     ②品質 :  レビュー密度を図るため、成果物をページ単位でカウントし、1ページ当たりのレビュー
            時間や指摘数、バグの数などで品質を測る
     ③課題 :  報告フォーマットを統一し、全て同一の基準で課題を記録、定例会議で解決の方向性や
            方法を確定

    3.コミュニケーションマネジメント
      クライアントとベンダーのプロジェクト横断的なコミュニケーションを高めるため、マネージャ会議を
      企画。課題やコストマネジメントを中心に、ベンダーの責任者とクライアントのPMを交え、日常的に
      発生する課題以外ついて、方針や対応方法をディスカッションできる場を作り、コミュニケーションを
      図った。

    4.調達マネジメント
      ベンダーとクライアントの契約において、適切な契約条件で契約できるか、見積取得段階からベンダー見積
      を精査。また、複数のベンダーが参画しており、可能な限りの範囲、ベンダー間で契約条件を合わせ、瑕疵
      担保期間や責任など不適切と思われる部分も改善した。




    お問い合わせ先

    TEL. 03-6841-3814(代表)
    e-mail. info@koshikivaluehub.jp
    コシキ・バリューハブ株式会社  プロフェッショナルサービス担当