service03

プロジェクト・マネジメント・オフィス(PMO)による
プロジェクト品質の向上

プロジェクト・マネジメント・オフィス(PMO)によるプロジェクト品質の向上とは

PMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)は、企業におけるITプロジェクトマネジメントを統括管理することを専門として設置する機能や組織のことです。
ITは今や経営戦略、事業戦略に欠かせないものとなっています。
システムの新規構築や基幹業務システムの再構築など、ますます複雑化するITプロジェクトを推進する場合、お客様自身のプロジェクトマネジメント能力が問われ、課題となるケースが増えています。
それらの解決手段として、組織的なプロジェクトマネジメントを行うPMOの設置が欠かせないものとなってきています。

 

PMOにおける弊社の特徴

システム開発においては、業務や機能が多岐に渡り、いくつものプロジェクトやタスクが同時並行的に動くケースが多いです。
そのプロジェクトやタスク間の調整、ユーザー側責任者とベンダー側責任者の円滑なコミュニケーションがプロジェクト成功のカギを握ります。


1.プロジェクト全体像や進捗状況の把握
大きなプロジェクトの場合、複数のベンダーが複雑に動くケースがあります。対応が遅れることなくプロジェクトを進行します。

2. コミュニケーションの円滑化
ユーザーやベンダーのPMの橋渡しや調整、エスカレーションなどを行います。

3.プロジェクト成功への方向性
実効性のある進捗管理や課題管理を行う事でプロジェクトを成功に導きます。

 

PMOの弊社実施事例

「プロジェクトのコントロールPMBOKの9つの知識エリア」の内、「コストマネジメント」、「品質マネジメント」、「コミュニケーションマネジメント」、「調達マネジメント」における弊社事例を 記載いたします。

 
【事例1-1】民間A社(大手フランチャイズ)
1.コストマネジメント プロジェクト期間中、特に要件定義や基本設計(概要設計)局面において数値化しにくい進捗率や品質を適切に管理いたしました。

 ①進捗率
成果物の総ドキュメント数で進捗を管理
 ②品質
レビュー密度を図るため、成果物をページ単位でカウントし、1ページ当たりのレビュー時間や指摘数、バグの数などで品質を測る
 ③課題
報告フォーマットを統一し、全て同一の基準で課題を記録、定例会議で解決の方向性や方法を確定
2.品質マネジメント ・現行アウトソーシング業務が完全にブラックボックス化
3.コミュニケーションマネジメント クライアントとベンダーのプロジェクト横断的なコミュニケーションを高めるため、マネージャ会議を企画。課題やコストマネジメントを中心に、ベンダーの責任者とクライアントのPMを交え、日常的に発生する課題以外ついて、方針や対応方法をディスカッションできる場を作り、コミュニケーションを図った。
4.調達マネジメント ベンダーとクライアントの契約において、適切な契約条件で契約できるか、見積取得段階からベンダー見積を精査。また、複数のベンダーが参画しており、可能な限りの範囲、ベンダー間で契約条件を合わせ、瑕疵担保期間や責任など不適切と思われる部分も改善した。
プロジェクト・マネジメント・オフィス(PMO)のお問い合わせ先

TEL. 03-6841-3814(代表)
e-mail. info@koshikivaluehub.jp
コシキ・バリューハブ株式会社  プロフェッショナルサービス担当

 
service01

VMO

【ベンダー・マネジメント・オペレーション】
長年培った弊社独自のVMO手法を用い、
ITコストを徹底的に可視化いたします

VMOへ
service02

SDM

【システム・デザイン・マネジメント】
IT業界での知見と、SDM手法を融合し、
企業のデジタル化再デザインを支援いたします

SDMへ
service03

PMO

【プロジェクト・マネジメント・オフィス】
経営戦略、事業戦略に欠かせない
複雑なITプロジェクトを推進・支援いたします

PMOへ
service04

ITDD

【ITデュー・デリジェンス】
IT統合計画策定を行い、M&Aや事業再編の
価値最大化を支援いたします

ITDDへ
service05

デジタル・マーケティング

営業・マーケティング活動で
経営計画達成するための
マーケティング戦略の立案・実行いたします

デジタルマーケティングへ
会社概要 |  採用情報 |  お問い合わせ |  個人情報保護方針

(C)Copyright 2021 Koshiki Valuehub